ねこが外に飛び出してしまって悲しい思いをしたことはありませんか?ねこ脱走防止とびら
ねことびらギャラリー展示中

ゴールデンウィークのお休み:4/29(金)~5/8(日)
期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、5月9日(月)より順次対応させていただきます。

値上げのお願い

2022年4月20日より、ねこ脱走防止扉の価格を改定させていただきます。

ネコや飼い主様の安全を最優先に考えて「ビスで壁に設置する安全な天然木とびら」として製作・販売しております。
猫がなめても安全な天然無垢材を使用、お宅に合わせてオーダーサイズで作ります。



現在、納期が約40日(営業日換算)ほどかかります。

「ねこ脱走防止とびら」は、お客様ご自身で採寸し、キットを購入して、設置していただける商品です。
こちらのキットで取付できる場所は開口幅850ミリ以内です。幅850ミリ以上の場合は工事対応商品となります。

支柱の仕様が変わりました。(2分割タイプ)

開口幅850ミリ以上の場合は工事対応商品となりますので「工事希望」からお申し込み下さい。

※作業する時は必ず2人以上で行ってください。

お客様からのお問い合せの多かった
大切な愛猫がおうちのドアから不意に飛び出すのを防止する
格子の開き戸です。

縦桟のシンプルな「縦格子」のデザインだから
ネコが足をかけて登れません。
また、格子の隙間からネコの様子を見ることができるので
飼い主さんも安心です。

お部屋が和洋問わず、いろいろな空間に溶け込みます。


ねこと飼い主の気持ちになって工夫した「ねこ脱走防止とびら」

なめても安全、天然木・無塗装仕様
猫がなめても安全な天然無垢材ヒバを使用。
また、釘を使用しない伝統技法「組子」で格子戸を組付けしていますので、金具に触れてケガをする心配がありません。

見えるから安心、光も風もとおる格子戸
格子の空きは約35ミリ。
子猫が頭を挟まない程度の広さです。
縦格子のデザインだから、猫が足をかけて登れません。

隙間から猫の様子を見ることができるので飼い主さんも安心です。
格子戸は光も風もとおるので快適です。
猫が閉じ込め感が少なく、ストレスを感じさせないよう配慮しました。
(樹種ガラス入りは風が通らない仕様になります。)

猫が開けないスライドロック付
猫が自分で格子戸を開けないように、簡単なカギを付けました。
両側からカギをかけることができます。

また、とびらは押しても引いても開くスイングドアタイプなので、設置場所を選びません。

熟練の建具職人が制作
サイズは、設置場所の寸法に合わせて製作するオーダーメイド。
設置場所にぴったり納まります。

通常、ドアには専用の枠材が必要ですが、ドア枠材が設置場所に付いてなくても設置可能です。
設置はお客様自身で取り付け可能ですが、作業する時は必ず2人以上で行ってください。

元気なねこには、「ガラスはめ込み仕様」がおすすめ
ガラス無しのとびらの場合、桟に脚をひっかけて超元気なねこがたて格子の上までよじ登ることがあります。

元気なねこの場合は
<ガラスはめ込み仕様>にされることをおすすめします。
(横桟に脚をかけてよじ登ることがありません。)

ねことびらギャラリー展示中


「ねこ脱走防止とびら」をご購入していただいたお客様からうれしい声をたくさんいただきました!

●とても丁寧な仕上がりで満足しています

外への出入りが安心してできるようになりました。
本当にありがとうございました!

(徳島県 S様邸)



●施主様には、大変喜んでいただきました

東京都 K様邸

住宅メーカー様経由でのご注文でした。(新築戸建住宅)
「施主様には、大変喜んでいただきました」との連絡をいただきました。

サービスで引き違いのところに鍵が欲しいとの事でしたので穴を開け木棒で開かなくなる工事を致しました。




●木の香りもすごく良いです

とても良いものをつけていただき、感謝しております。猫も満足してるかと。

猫ドアは木の香りもすごく良いです。

追加ですが、追加の写真のようにスイッチ部分を細かく採寸いただき、男性でも問題なく入り切りを出来るように作成いただいたことも嬉しく思います。
(東京都 エム様)


●丁寧なご対応ありがとうございました

いつもお世話になっております。
T様邸分で色々とご対応を誠にありがとうございました。
ようやく完成・引渡しまで無事に済ませることが出来ましたので、取付完成の写真をお送りさせて頂きます。

プランから納品まで色々とご丁寧に教えて頂き、お陰様でお客様にも大変気に入って頂けました。(色もばっちりでした!!)
塗装屋さんにも何度も色サンプルを作成頂きまして、皆様に心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。
また、今後ももしご縁がありましたらその際は宜しくお願い致します。
(兵庫県 工務店様)


●希望通りで大満足

先日、作成していただいた、扉を設置していだきました。

特注仕様の3枚吊戸を作成していただき、ありがとうございます。
希望通りで大変気に入っております。
(大阪府 Y様)

Y様邸 新築工事
施工:(株)一条工務店

猫脱走防止扉(特別仕様)
取付:(株)一条工務店
仕様は一条工務店担当者様より指示

特別仕様のお問い合わせは
403まで




●良い風が流れてきます
大変素晴らしい商品だと思います。
木肌の美しさと、通り抜ける風の香りが素晴らしいです。
2人以上で組み付けとのことでしたが、一人で楽々組めました。
DIYや既製品も考えましたが、大きなものですので、作り直しや交換などの際の廃棄も考えると、 最初に一番良い物をと考えこちらの扉に決めました。
その判断は本当に正解でした。
猫の為に締め切りの玄関ドアがフルオープンで、良い風がリビングを流れています。
(N様)






ねことびらギャラリー展示中




動画で見る「ねこ脱走防止とびら」設置方法


「ねこ脱走防止とびら」は、お客様ご自身で採寸・設置していただける商品です。
作業する時は必ず2人以上で行ってください。
設置が困難な場合、施工業者をご紹介いたします。
ねこ脱走防止とびら説明書を見る




「ねこ脱走防止とびら」購入

銀行振込のみ

高さ/幅ガラス価格(税込・送料別)
1750~2000ミリ
/850ミリ以内
無し91,400円
1750~2000ミリ
/850ミリ以内
樹脂ガラスはめ込み108,200円
2001~2300ミリ
/850ミリ以内
無し118,500円
2001~2300ミリ
/850ミリ以内
樹脂ガラスはめ込み146,500円


サイズに合わせて職人が製作します!設置場所のサイズをお知らせください採寸


納期について
お客様の注文をお受けしてから職人が手作りする「受注生産システム」のため納期が約40日(営業日換算)かかります。
ご注文いただいた後で正確な納期をご連絡いたします。





開口部分が850ミリ以上ある、変形の間取りである、など自分で取り付けることが難しい場合は、工事業者をご紹介します。 (工事業者のご紹介は関東は東京・神奈川・千葉・埼玉地域、関西は大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫・滋賀に限らせていただきます)
取付工事ご希望の方はこちらから

※ねこ脱走防止とびら本体の代金の他に、取付工事費用等諸費用がかかります。
現場確認後、お見積りを提示します。

取付工事フロー



よくあるご質問Q&A
Q.設置場所が入り組んだ現場で、採寸や施工に自信がないのですが…設置をお願いできますか?
A. 申し訳ございませんが、関東は東京・神奈川・千葉・埼玉地域、関西は大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫・滋賀に限らせていただきます。
(上記地域でも無理な場合がございます。ご了承ください。)
Q.3メートルほどの高さの引き戸を製作してもらいたいのですが…可能ですか?
A.無垢材を使用している為、高くなるほど反りやねじれの危険が大きくなります。
したがって、格子戸本体は高さ2300ミリを限度とさせていただいております。
Q.間口2メートルほどの場所に、扉と間仕切りを2枚設置したいのですが…可能ですか?
A. 個人の方の場合、2枚並べて設置されるのはかなり難しい仕事になり、設置できない場合がございます。
2枚並べて設置の場合は、業者様に依頼することをおすすめします。
Q.賃貸マンションで壁に穴を空けたくないのですが…設置可能ですか?
A. この製品は、木ねじ(ビス)を使って枠を壁に固定して使用する製品となります。
木ねじ(ビス)を固定する場所(壁等)に穴を空けられない場合や、壁の強度が足りない場合、製品を設置することはできません。



gmailを連絡先にするお客様へ
現在、gmailなどフリーメールをお使いのお客様へ弊社からのご案内が正常に届かない場合がございます。
迷惑メール防止機能により弊社からのメールが迷惑メールと間違えられてしまうようです。
注文確定後のメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、ご確認頂きますようお願い致します。
メールの受信設定などで「order403.com」のメールアドレスを受信できるようにお願い致します。
ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL 03-3358-8843
mail info@order403.com
受付時間 平日 9:00~17:00

販売・施工株式会社403
 東京都新宿区新宿1-2-1 新宿御苑前マンション1F
web 住まいのオーダーメード館403


ねことびらギャラリー展示中
住まいのオーダーメード館403
このページの上へ戻る